こんにちは。

災害対策型・荷重式自動ドア・ニュートンのご説明をしたいと思います。

従来の電気式自動ドアの場合は、センサーによってドアの開閉が行われていました。

荷重式自動ドア・ニュートンですと、ドアの前に立った人の重み、ドアの前(足元)の装置が感知して、ドアが開く仕組みになっています。

ドアの前に立つと、人の重さで開きます(片引きタイプは15キロ以上で開きます)

立っている間は、閉まらないので安全です(片引きタイプは15キロ以下だと閉まります)

ゆっくりドアの中(建物の中)に入っていったとしても、挟まれ事故などがありません。

高齢者や車椅子の方も挟まれず安心です。

そして閉まるときは、ドアの前から離れると「ゆっくり弱い力」で閉まります。

ですので、誤作動もなく、停電時も動くので安心・安全です。

10年以上高速道路や自治体庁舎に設置していますが「無事故」実証中です。

miimo(ミーモ) はNewton(ニュートン)に製品名がリニューアルしました。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP